水中には様々な異物が含まれており、浄化するには砂やガラスなどのフィルターを使うのが一般的です。砂利を使う緩速ろ過と呼ばれるタイプは地方都市周辺の浄水場などで広く採用されており、時間をかけて水質を浄化します。このタイプは砂利の中に藻類や微生物が含まれていて、悪臭や細菌なども取り除くことができます。ただしフィルターに汚れが溜まりやすく、排出する構造を持たないため頻繁に交換しなければなりません。

グラスパールフィルターはガラス製のフィルターを使うタイプで、緩速ろ過と比べると高性能です。汚れを排出する仕組みを備えていますが、一定期間が経過したらフィルターを交換する必要があります。フィルターを使うタイプは、性能を維持するために定期的なメンテナンスを行うので手間がかかってしまいます。マルチサイクロンは他のタイプと異なりフィルターを使わず、強力な遠心力で水から異物を分離します。

このタイプは内部に複数のサイクロンが設置されていて、下部から取り込んだ汚水が流れ込むと激しく回転し遠心力を発生させます。強力な遠心力が異物を分離すると、綺麗になった水は上部から排出され異物は下部の透明なタンクに溜まります。タンクはポリカーボネート製で外部から内部が見えるようになっており、ドレンバルブを開いて異物を排出できます。マルチサイクロンはフィルターを使わず異物を排出する仕組みがあるので、定期的なメンテナンスが不要です。

高性能で扱いやすいため、マルチサイクロンは浄水場の他に食品や化学製品の工場など様々な場所で使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です