工場や浄水場などで水質を浄化するために使われるろ過装置には、様々なタイプが存在します。フィルターを使うものが一般的ですが、遠心力で異物を分離するマルチサイクロンも活躍しています。このろ過装置は内部に複数のサイクロンが設置されており、汚水が流れ込むと激しく回転して強力な遠心力を発生させます。遠心力によって分離された異物は、下部にある透明なポリカーボネートの沈殿槽に溜まります。

異物が溜まる様子は外部から確認でき、最終的にドレンバルブを開いて排出します。マルチサイクロンの沈殿槽は外部から確認できるので特別な制御を行う必要がなく、異物は排出できるためメンテナンスも不要です。フィルターを使うタイプのろ過装置は、定期的に交換しないと汚れが溜まって性能が低下してしまいます。マルチサイクロンはメンテナンスフリーなので、手間やコストがかからないというメリットがあります。

強力な遠心力で素早く異物を取り除くことができ、メンテナンスも不要なので使いやすいろ過装置です。マルチサイクロンは高性能で使いやすいため食品や化学製品、金属加工などの工場で使われています。ただし対応可能な異物のサイズに上限があるので、大きなサイズの異物を取り除くには他のタイプと併用する必要があります。フィルターを使うタイプのろ過装置と併用すると、汚れが溜まりにくくなり交換の頻度が低下します。

様々な異物を効率的に取り除くことが可能になり、コストパフォーマンスを向上させることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です