マルチサイクロンとは、小型のサイクロンを複数並列した遠心力式集塵装置のことです。製造などの現場で生まれる煤や粉塵が排気や排水と一緒に排出されると環境汚染となるため、煤や粉塵などの粒子を空気や液体から分離するために集塵する装置で粉体分離器とも呼ばれています。原理は遠心分離器の応用で大気汚染をする可能性のある粒子の混じった液体や空気を円筒に渦を描く様に流し込み、強力な旋回気流で起こす遠心力で空気や水より重い堆積物を分離させるので、その渦を巻く姿からサイクロンと名付けられました。小型のサイクロンほど渦がうまく巻けて集塵効率がアップしますが、大量の煤や粉塵を処理したい場合はどうしても大型になってしまいます。

しかし大型化すると集塵効果が低下するため、小型のサイクロンを複数並列して大量の煤や粉塵を処理できるようにしたのがマルチサイクロンです。マルチサイクロンは主に化学製品の分離、金属粉や木粉やレジンの堆積物の回収、焼却炉やボイラーや乾燥機の排気の清浄に使用されており、化学品工場や食品工場や金属加工工場、木工工場や排水処理場や汚泥処理場などで活躍しています。集塵して分離したあとの気体は清浄ガス、液体は下水に流しても良い排水になるため環境にも安全です。旋回気流がマルチサイクロンの内部を掃除することもできるので、集塵しながら自動で清掃できメンテナンスのたびにマルチサイクロンを停止する必要がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です