アルカリ洗浄液は液性の強さによって様々なものが存在するので、汚れの程度に応じて最適なものを選ぶ必要があります。強過ぎる洗浄液を選ぶと危険性が高くなるので、ちょうどよい強さのものを選ぶことが大切です。一般家庭のキッチンやリビングで生じる軽い油汚れやタンパク質汚れは、重曹を水に溶かしてスプレーで吹きかけるだけで簡単に落とせます。重曹水は弱アルカリ性で二酸化炭素や食塩など自然由来の成分から作られており、人体や環境に優しいので安心して使えます。

ただしアルカリ洗浄液は液性の強さに関わらずアルミニウムを腐食させる性質があるので、アルミ製品には使用しないよう注意してください。アルカリ洗浄液の中でも水酸化ナトリウムは劇物に指定されており、飲食店などでは業務用洗浄液として使われています。一般的な薬局でも購入できますが、清掃に使用する場合には安全に十分気を付ける必要があります。強アルカリ性の洗浄液を使えば、厚く堆積した油汚れやタンパク質汚れを簡単に落とすことができます。

基本的にアルカリ洗浄液は液性が強くなるほど洗浄力が優れており、危険性も高くなるという特徴があります。また一般的に市販されている多くの洗浄液は、鉱物油か植物油の片方だけに対応しています。市販の洗浄液の中には強アルカリ性で優れた洗浄力を備えながら、安全性が高くアルミニウムを腐食させない万能タイプも存在します。このタイプの洗浄液は鉱物油と植物油の両方に対応しており、あらゆる種類の油汚れを素早く安全に落とすことができます。

頑固な油汚れやタンパク質汚れを安全に除去したいのであれば、万能タイプの洗浄液を試してみるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です