アルカリ洗浄液は油汚れやタンパク質汚れを効果的に落とすことができるので、中性洗浄液では対応できない場合に使用するとよいでしょう。重曹水など弱アルカリ性の洗浄液であれば人体や環境に優しいので問題はありませんが、液性が強くなるほど危険性も増します。業務用で使われることの多い水酸化ナトリウムや水酸化カリウムは、強アルカリ性で非常に強力な洗浄力を備えています。しかし皮膚に付着したり目に入ったりすると、皮膚の壊死や失明を招く可能性があるため注意が必要です。

アルカリ洗浄液は液性に関わらずアルミニウムを腐食させる性質があり、アルミ製品には使用できません。弱アルカリ性の重曹水でもアルミ製品を腐食させてしまうので、使用しないように気を付ける必要があります。油汚れやタンパク質汚れを落とすには、まず中性洗浄液を試してみるとよいでしょう。最近では中性の洗浄液でも優れた洗浄力を備えていて、ある程度の油汚れやタンパク質汚れを落とすことができます。

中性洗浄液では対応できない場合には、汚れの状態に合ったアルカリ洗浄液を使用します。アルカリ洗浄液は液性が強いものほど危険性が高く、アルミ製品を腐食させてしまいます。安全性を考慮するならば最初は液性の弱い重曹水などを試し、徐々に強くするとよいでしょう。水酸化ナトリウムは薬局でも購入できますが作業を行う場合には必ずゴム手袋やマスク、ゴーグルなどの保護具を着用します。

汚れの状態に合ったアルカリ洗浄液を選び、しっかりと安全対策を講じた上で作業を行えば安心です。アルカリ洗浄液のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です