企業が工場など様々な場所で排熱利用を行う大きな理由は、エネルギー効率を改善してコスト削減を図ることにあります。例えばヒートポンプを使えば、工場の機械や設備を稼働させたときに生じる10度から40度ほどの熱も再利用できます。一般的に低温の熱は再利用できないのではと思われがちですが、ヒートポンプを使えば可能です。排熱利用を行えば、ヒーターを使って熱を発生させる場合よりもエネルギー消費量が少なくなるためコストを削減できます。

企業が排熱利用によって得られるメリットはコスト削減だけではありません。地球温暖化の原因となる温室効果ガスの二酸化炭素排出量を減らせば、環境保護に貢献して企業のブランドイメージが改善されます。市場には似たような製品やサービスが数多く存在しており、ブランドイメージの優れたものほど消費者に選ばれる傾向があります。営業活動を効率的に行うため、積極的に排熱利用を行い環境保護に貢献している企業も数多く存在します。

最近ではコージェネレーションシステムを導入して、エネルギー効率を改善する企業が増えました。コージェネレーションシステムは石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を動力源として発電を行う一方で排熱を給湯や冷暖房に利用します。発電や熱供給のシステムを別々に使用した場合のエネルギー効率はそれぞれ40%ほどですが、このシステムを導入すれば総合的なエネルギー効率は70%から85%まで高めることができます。排熱利用にはコスト削減やブランドイメージの改善などのメリットがあるため、工場など様々な場所で行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です