排熱利用を積極的に行えば、エネルギー効率を改善してコストを削減できるので経済的です。企業が排熱利用を行うにはヒートポンプや全熱交換器、コージェネレーションシステムなどを使う方法があります。ヒートポンプは空気中の熱を集めて高温に変える装置で、工場などで生じる低温の熱も再利用できます。温度が低い空気にはエネルギーがあまりないように思われますが、全くないわけではなく排熱利用が可能です。

ヒートポンプには温度変化を起こす方法の違いによって、圧縮式と吸収式の2種類が存在します。空気は圧縮されて体積が小さくなると温度が上がり、膨張して体積が大きくなると温度が下がる性質があります。圧縮式のヒートポンプは空気の性質を利用して温度変化を起こすのが特徴で、具体的にはコンプレッサーで冷媒を圧縮・膨張させます。吸収式のヒートポンプは水を冷媒として使い蒸発と吸収、再生と凝縮を繰り返します。

水が熱を奪って100度以上になると水蒸気になり、吸収器にかけると水に戻って熱が生じます。さらに再生器にかけると水蒸気になり、凝縮器でまた水に戻して熱を発生させる仕組みになっています。全熱交換器は熱だけを扱うヒートポンプと異なり、熱と湿度を交換・回収します。湿度も扱うためヒートポンプと比べてエネルギー消費量を抑える効果が優れています。

コージェネレーションシステムは発電と排熱利用を同時に行う装置で、総合的なエネルギー効率を70%から85%まで高めることができます。多くの企業がコスト削減を目的として、ヒートポンプなどの装置を使い排熱利用に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です