日本でも世界でも環境問題が注目され、太陽光発電など再生可能なエネルギーを多くの企業が推進しています。熱エネルギーを利用して省エネルギーを実現する方法のひとつが、排熱利用です。工場で製品を生産する過程では、熱エネルギーが消費されています。熱エネルギーを再利用すれば、現状の使用量を減らせます。

工場内では生産工程で最も多くの排熱が出ますが、使用後の温水や蒸気は排熱され、捨てられてしまうケースが多いです。工場内の過程で捨てられる熱を回収できれば、企業は大きなメリットを得られます。低コストで高効率の熱交換器を使うと、簡単に排熱利用が実現します。排熱利用ができる熱交換器を利用すれば品質や安全性、効率の向上が期待できます。

シンプルな機器でも省エネルギー性能が高いと、大幅なコスト削減が可能です。ラインが稼働している場所に設置すれば、導入費用の早期回収を目指せます。シンプルな機器ならメンテナンスも容易で、環境的な配慮だけでなく導入した側の利益にも繋がります。熱交換器を導入すると様々なメリットがありますが、設置するだけで省エネルギーが可能です。

ボイラー給水の加温に排熱を利用すれば、省エネルギーに繋がります。低温の湯気でも熱交換器を組み合わせれば、徹底的な熱回収を実現できます。炉の排熱を利用すれば、隣接したエリアの暖房に使えます。冬場になると、室温が下がるほど必要な蒸気量が増えていきます。

熱交換器を使用すれば、暖房コストを削減できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です