大量かつ安定した熱供給を必要とする産業現場では、プレート式熱交換器を導入するケースもよく目につきます。それもそのはず、プレート式熱交換器は乱流促進構造と呼ばれる独自の仕組みによって、高い熱効率と優れた耐久性を実現しているからです。この乱流促進構造とは伝熱プレートをヘリンボンパターンのような波形状に施し、プレート間の流体の流れを意図的に乱す仕組みのこと。このようにすることで流体の温度を均一化すると同時に、熱交換の妨げになる膜も生成を抑制し、ムラの少ない質の高い熱量をコンスタントに供給することが可能になります。

さらにプレート式では自己洗浄機能も見逃せません。乱流促進構造が流体に溶け込んだ、カルシウムやマグネシウムなどの不純物によるスケール化を抑止するため、熱交換器内でのトラブル発生確率を低減し、製品寿命の延命も期待できます。仮にトラブルが発生しても、プレート式熱交換器は通常のタイプと比べて構成部品が少なく、可動部もほぼ皆無なので、熱交換器メンテナンスもスピーディーに済ませることが可能です。このような優れた製品を開発して販売しているのが、大阪に拠点を構えるこちらの専門メーカー。

日本で最初にプレート式を開発したパイオニア的存在で知られます。そのため熱交換器メンテナンスのサービスでも信頼性抜群。設計段階から製品を熟知した、豊富な経験と優れたノウハウを持つエンジニアが担当する上、修理部品もスムーズに確保できるため、スピーディーで的確な熱交換器メンテナンスの実現が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です