熱交換器は工場やオフィスビルなど広範囲に使われる、水を冷やしたり温めたりする装置です。熱交換器には様々な種類があり、直径約1センチの銅管を配列して熱交換するタイプや、アルミなどの材質でできた薄いプレートを何枚も重ね合わせてその隙間に水を流して熱交換するタイプもあります。熱交換器は容量や種類にもよりますが、1台あたり数十万円から百万円単位のものまであり、高額なので定期的にメンテナンスを行うのが、トラブルがなく長く使用するためのポイントです。熱交換器メンテナンスの方法は、装置を分解して消耗部品を交換したり熱交換器内部を掃除したりします。

それなりの経験と専門工具も必要なため、外部の専門業者へ依頼するのが一般的です。熱交換器メンテナンスの相場は、20万円から50万円程度で、数日から1週間程度かかります。どうしても日中は停止できな場合は、人のいない夜間行う必要がありますので、業者さんと相談すると良いでしょう。夜間も停止出来ない場合は、予備の熱交換器に切り替える方法もあります。

熱交換器メンテナンスの業者さんを選定する上で重要なのは、費用が安いだけでなく技術力や緊急時にも対応してくれるかなども考慮して下さい。費用が安くてもメンテナンスがいい加減だと長持ちせず再度整備しなくてはならなくなり、かえって割高です。業者任せにせ、熱交換器メンテナンスが完了した後の最終チェックを行い内部がキレイになったか目視で確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です