熱交換器は、温めたり冷やしたりする機器です。熱交換器の特性上、利用していると熱交換器スケールが発生します。これは、水の中に含まれているミネラル分が温度の変化によって固まった物です。熱交換器は水を使って熱交換をするので、この発生を防ぐことはできません。

熱交換器スケールが固まると、熱伝導率が下がるので性能が下がってしまいます。また、消費エネルギーも増大するので燃料代がきちんとメンテナンスされた状態よりも増大し、運転コストを圧迫してしまいます。したがって、熱交換器スケールを除去するメンテナンスを定期的に行う必要性は高いです。スケールは石のように固くなっているので、普通の洗剤などでは取り除くことができません。

そこで利用するのが、スケールを化学反応によって溶かす強酸性の洗浄液です。熱交換器関連の製品を扱う会社などが販売しています。固いスケールも化学反応であればきれいに溶かすことができるので、これを定期的に行って性能を落とさないようにしましょう。スケールの発生を防ぐフィルターなどの対策機器もあります。

特殊な物では、磁気によってスケールが生じにくいようにする物があります。これも完全に防げるわけではありませんが、発生を抑えることができるのでメンテナンスの頻度を下げることが可能です。熱交換器のスケール対策の商品は様々なメーカーが販売しているので、必要に応じて導入を検討すると良いです。また、メンテナンスサービスもあるので、自分でやるのは大変だとサービスを利用すると手間が省けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です