熱交換器は冷却を行うために、配管内に水を通します。その水は大抵普通の水道水ですが、その水道水の中にはミネラルが含まれています。そして冷却水は大抵、同じものを循環させて使用します。もしその水の気化熱によって冷却を行っている熱交換器だと、使用していく内に水分だけが蒸発によって失われていきます。

そうすると水の中のミネラル分の割合が増えます。その状態を長く続けていくと、ミネラル分はやがて配管内に結晶として表れるようになります。それが熱交換器スケールで、大きな問題に繋がる恐れがあります。熱交換器スケールの結晶は小さなものであればそこまで脅威ではありませんが、一度結晶化したらそこに新しいミネラルが付着し、より大きくなる恐れがあります。

そうなると、熱交換自体の妨げになりかねません。また熱交換器スケールは一度大きくなってしまったら、そう簡単に剥がれてはくれません。安定した水流ではまず取り除くことができないため、人の手で対処する必要があります。そして熱交換器の効率が悪くならないよう、定期的なメンテナンスが欠かせません。

定期的なメンテナンスには、作業を比較的簡単に済ませるメリットもあります。熱交換器スケールは物理的な力を加えると取れることがありますが、もしそれで無理だった場合、化学的な薬剤を用います。熱交換器スケールを構成するミネラルはカルシウムやマグネシウムなどのアルカリ性物質なので、酸性の薬剤を使用して中和をすると、取り除くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です