ボイラーや蒸発生成器あるいは復水器や製造ラインなど、熱供給を必要とするあらゆる産業現場では、熱交換器が必要不可欠な機器として導入されています。そのためちょっとしたトラブルで熱交換器が稼働しなくなれば、その企業全体に深刻なダメージを及ぼすといっても、決して過言ではありません。例えばを熱交換器スケール除去せずにそのまま放置しておくと、産業現場へ安定した熱量を供給できずに、生産効率が低下することがあります。またスケールが起因してサビなどの腐食が進めば、貫通割れや液体漏れによって機器が稼働しなくなることもあり得ます。

そうなれば産業現場そのものを停止せざるを得なくなるでしょう。したがってこのようなリスクを回避するためにも、普段からこまめに定期点検を徹底し、熱交換器スケールの除去を含めた十分なメンテナンスを実施しておくことが肝心です。また産業現場へ機器を導入する段階で、熱交換器スケールの付着し難いタイプを選ぶことも、リスク回避には有効です。例えばプレート式熱交換器であれば、意図的に伝熱プレート間の流体の流れを乱す乱流促進構造によって、流体に溶け込んだカルシウムやマグネシウムなどの不純物のスケール化も、熱交換器を稼働しながら抑止することが可能です。

もしメンテナンスする技術や人材の確保が難しい産業現場であれば、専門メーカーに外部委託するのが理想。熱交換器に突発的なトラブルが発生しても、優れたノウハウと豊富な実績でスピーディーな対応が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です