熱交換器とは、温度の高い流体から低い流体へと熱を伝達する仕組みを持つ装置のことです。熱交換器を使用していくと、配管の内部にスケールが付着してきます。熱交換器スケールというのは、水中に溶け込んだマグネシウムやカルシウムなどが析出し固形になったものを指します。水の中に異物が溶け込むことによって、水分濃度が高まり溶け切れない成分が析出してしまいます。

これらは一度析出すると再度水の中に溶けることはめったにありません。熱交換器スケールは熱交換器の内側だけでなく、水道管内部にも付着してしまうケースがあります。元々、熱交換器は自体の発する熱を配管内の水分が吸収するため、熱は配管の壁を通じて水へと伝導します。配管にスケールが付着していると水へと熱を伝える際に邪魔をすることになります。

伝導しにくくなると水の温めあるいは冷却が不十分になる場合があり、燃料を余分に消費してしまうことにつながり悪循環です。さらに、スケールが配管内でスペースを占有するため、水の通り道が狭くなります。そのことが、異物の詰まりや流れの不良を引き起こしてしまいます。最悪の場合、逆流が起き故障する恐れもあるため要注意です。

熱交換器スケールはこすり落とすことは困難なので、専用の除去剤を使用しなければなりません。塩酸や酸などの化学物質が含有された除去剤を活用し、化学反応によって除去していきます。放置しておくと様々な不具合につながりますので、スケールが付着したらすぐに除去しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です