熱交換器は汎用性が高い機器なので、大量かつ安定的な熱供給を必要とする、あらゆる産業現場で見かけることができます。このため熱交換器にちょっとしたトラブルが起きれば、たちまち事業全体に深刻なダメージを与えることにもなりかねません。したがって普段から徹底した点検を実施し、少しでも異常を認めたらスピーディーにメンテナンスすることが求められます。特に長期にわたり稼働し続けていると熱交換器スケールが徐々に蓄積し、熱交換率が低下して、産業現場に安定した熱供給ができなくなることがあります。

それどころかサビや腐食が進行し、プレートガスケットの劣化や配管内での貫通割れ等で液体漏れして、周囲の機器にまでダメージを及ぼすこともあり得ます。そうなれば産業現場の稼働を停止することにもなるため、事業そのものに深刻な影響を与えることにもなりかねません。いずれにせよこのようなリスクに直面しないためにも、日頃から定期的な点検を徹底して熱交換器スケールを除去し、万が一の際には迅速かつ的確にメンテナンスする体制を整えておくことが求められます。また機器の導入段階で、熱交換器スケールの蓄積し難いタイプを選択することも、リスク回避には役立ちます。

例えば乱流促進構造を特徴としたプレート式であれば、稼働中でも自己洗浄機能が働くため、流体に溶け込んだカルシウムやマグネシウムなどの不純物も、スケール化しないように期待することができます。熱交換器 スケールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です